本日も、限られた時間の中で
無駄なサイト更新、情報収集、宣伝活動、キーワードリサーチ、ご苦労様です。

マウスをカチカチ・・・。
キーボードをカタカタ・・・。
気づけば、今日もこんな時間・・・。
時間がいくらあっても足りないって感じでしょうか。

あるいは自宅で一生懸命ビジネス書・情報商材を読み漁ったり、
ネットで金儲けやビジネスに関する情報を追いかけ回して、
毎日の時間を浪費している感じでしょうか。

あなたはいつまで“準備”してる気ですか?
本当に稼ぐ気、あるんですか?
今やっていることが、お金を生んでくれると本当に思っているんですか?

金にならない作業に追われ、
何ヶ月も何年もパソコンの画面に向かってもがき苦しむあなたを横目に、
ネットビジネス参入後1ヶ月で会社を辞められるような収入を
得られるようになってしまう人もいるのですが・・・

このような差はなぜ生まれるのか知ってますか?

 

はじめまして。インフォガレージの野田勇次と申します。
妻子のいる50代のおじさんです。

ざっと経歴をご紹介させて頂きます。


40歳 退職 ワイエムウェーブインコーポレーテッド設立 (ネットビジネス参入)


私は40歳のときにインターネットビジネスの世界に入ってから、10年以上経つのですが
10年以上にわたって年収1000万円以上をキープし続けています。
自分で言うのもなんですが、スピードの早いこの業界で10年以上にわたって稼ぎ続けている人は稀だと思います。



毎朝好きな時間に目覚め、革張りのゆったりとしたソファーに座りコーヒーを飲みながら、気の向くままにノートパソコンをカタカタと叩く。
気の向くままに行う、たったそれだけの作業にも関わらず私の銀行口座の入金履歴は数字で埋め尽くされています。

はっきりいって、テレビゲームのスコアを稼いでいるような感覚です。

そんな自由なライフスタイルを、かれこれ10年以上続けています。
稼いでいる金額自体は、自分ではそれほど大きな額では無いと思っています。
しかし、この収入を得るために費やしている労力・時間は微々たるものですので、本当に最高のライフスタイルです。

私は元サラリーマンですので、今の生活と昔の生活を比べればまさに天国と地獄です。
今、サラリーマン生活に戻れと言われたら死んでも無理だと思います。

あなたも多分、今の私みたいな生活を夢見てネットビジネスの世界にたどり着いたことでしょう。

新規起業の90%以上が数年以内につぶれるという話を、あなたも聞いたことがあると思いますが、業種問わずビジネスの世界で難しいことは「起こす」ことよりも「生き残る」ことです。

私は、言ってみれば“ネットビジネス界の長老”みたいなもんです。
この業界の移り変わりをずっと見てきましたが、ご存知のようにほとんどのネット起業家は偽物・一発屋ばかりです。

巷のネット起業家のほとんどは数年で消えていきます。

そして、そんな偽物・一発屋が偉そうに
初心者に対して間違った教育や洗脳を施し、そして金を巻き上げているといった構図が
まさにネットビジネス界そのものです。
新しいのが出てきては消え・・・また新しいのが出てきては消え・・・。

タイムリーな話題だと、あの「秒速で稼ぐ」彼が破綻しましたが、彼はこの業界で名乗りをあげてから約2?3年しか経っていませんので、業界人の短命ぶりというのがこの話題からも伺えます。

私は、このような人を何十人、何百人と見てきました。

一発屋のうさんくさい若者が多いこの業界で長いことやってきましたが、参入当初は一発屋や偽物に騙され惑わされ苦しんでいた時代もありました。
ですから、ネットビジネスの酸いも甘いも知り尽くしていると自負しています。
高額教材や高額塾に大金を投じたこともありました・・・。
膨大な時間を作業に費やしたこともありました・・・。

そんな私の、稼ぎの秘密はたった一つのある「考え方」にあると思います。
私は、この「考え方」ができるようになってから、ネットビジネスで大きな収入を得られるようになりました。そして、私が10年以上にわたって稼ぐことができている理由もここにあります。

これは冒頭で述べた、超有名金持ち本の教えや世界一の投資家、世界一の経営コンサルタントなど
「本物の成功者たちが語る成功の秘訣」に通じることです。
偽物・一発屋と、本物の違いもここにあります。

あなたは今、その「成功の秘訣」から遠いところにいます。
巷のネット起業家も同様です。

このページでは、この秘訣を暴露していきます。ただ、この秘訣は本当に集中している状態じゃないとなかなかモノにすることはできない特殊性がありますので、部屋にカギをかけ、ケータイの電話を切り、研ぎすまされた集中状態でこの手紙を読んでいくことをおススメします・・・。

成功の秘訣を正しく理解すれば、あなたの今後は必ず、大きく変わっていくはずです。

あなたに質問があります。
あなたのこの先に関わるとても大事なことなので、
胸に手をあてて真剣に考えてみて下さい。

プロスポーツ選手には「なれない」ってわかるのに、
税理士レベルの国家試験や有名難関大学には「受からない」ってわかるのに、
お笑い芸人になって有名番組に出られるようになるのは「無理」って思うのに、
複数の男性から言い寄られている美女を自分の女にするのは「できない」って思うのに、
なぜ月収100万アフィリエイターにはなれると思うのですか?
なぜ巷のネットビジネスで何千万と稼げるようになれるなんて思うのですか?

上位数%の世界の意味がわかっていますか?
自分のライバルがどれだけいるのかわかっていますか?
熾烈な競争の世界に足を踏み入れることの意味をわかっていますか?
競争で勝ち残り、限られたイスに座ることの意味がわかっていますか?

あなたの自信はどこから来るのですか?
その自信の根拠はどこにあるのですか?
競争に勝ち抜いていくことの意味を本当に理解していますか?

いい加減目を覚まして下さい。


私は怒っています。
巷に溢れかえっている
「稼げるノウハウ」を売ったり、
「稼げる未来」を売り込んでアフィリエイトすることでしか稼げない
クソみたいなネット起業家が、あなたような信心深い人を騙していることに。

「元ニートがアフィリエイトで一発逆転!あなたも人生逆転しませんか!」
「転売ビジネスで成功!脱社畜のノウハウをあなたに全て教えます!」
「アフィリエイトと情報起業で成功し、○○歳で高級車を乗り回せるようになりました!」
「情報業界健全化!本当に稼げる教材をご紹介!詐欺商材は一刀両断!」
「FXで専業生活!おススメの証券会社はコチラ!」

・・・・手口は挙げればキリがありませんね。


私があなたにかけられた洗脳を解きます。ですから、あなたも協力して下さい。
胸に手をあてて、洗脳されてしまった自分に問いかけて下さい。

秘密のノウハウ?継続力?画期的なツール?
本気でそんなものが稼ぎの秘密だと思っているのですか?

「あと三ヶ月頑張れば、あと半年頑張れば、あと一年頑張れば・・・」
本当ですか?本当に現実的な見込みがあるんですか?

「この人のやり方を真似れば稼げる!」・・・ホントですか?


いつまで「魔法」を追い求めて無駄なネットサーフィンに時間を費やすつもりですか?
どれだけパソコンのハードディスクを無料PDFファイルでいっぱいにすれば気が済むんですか?
何回、価値のない情報にお金を払うつもりですか?
何冊、成功本や自己啓発書を買って本棚を埋めれば気が済むんですか?

巷のネットビジネスに足を踏み入れた時点で、
あなたより有能で
あなたより資金力があり
あなたより経験があり
あなたより時間を持て余した人たちとの
壮絶な競争という長い過酷な道のりが待っているのですよ?

現に、あなたはこれまでまともに稼げなかったはずです。
それが、洗脳されている・騙されているという確固たる証拠です。
揺るぎない事実です。

月何百万とか、年収何億とか、
実態の伴わない数字を見慣れて、なんか“麻痺”してませんか?
あなたの銀行口座を見て下さい。
それが、“現実”です。

稼げてますか?実感ありますか?

成長した?
知識が増えた?
経験ができた?

そういうのは稼げなければ何の意味も無いです。
知識・情報ばかり知っているネットビジネス評論家にでもなるつもりですか?

この先、このままで本当に稼げそうですか?

あなたは、根本的な勘違いをしています。方向性が間違っています。

に囚われず『稼ぐ』ということだけにフォーカスすれば、月収50万円くらいまでなら、はっきりいって余裕です。
わざわざ遠回りさえしなければ、努力とか時間とかツール、ノウハウなんていらないんですが・・・

トントン拍子で成功していく賢い人が知っていて、
ビジネスとは名ばかりの苦行に囚われている人が知らない秘密を
全て暴露します・・・。

単刀直入に言います。
頭をまっさらにして聞いて下さい。

この世は競争です。
何事も。

あなたも、これまでの人生で幾多の競争にさらされてきたと思うのです。

学力、学歴。
スポーツ。
恋愛。
就活。
出世競争。


競争の世界に一歩足を踏み入れてしまえば、ずっと競争です。
果てしない競争が続くことになります。
勝ち組はほんの一握り。

どんなものごとの競争であれ、
あなたがその「ものごと」自体に
取り組むのが楽しかったりやりがいを感じていたり、
あなたに才能があったり、
大きなアドバンテージを持っていたり、
目標達成や成果を成し遂げるまでのプロセスに意味を見いだしていない限り・・・

はっきりいって競争は辛いだけです。

そもそも、あなたの目的って何ですか?
「稼ぐ」ことですよね?
なぜわざわざ遠回りをするのですか?

アフィリエイト、情報起業、転売ビジネス、巷には「ネットビジネス」と呼ばれる多数のビジネスモデルがありますが、それらは一種の「型」であり稼ぐための「一手段」にすぎません。

そもそも、さっさと結果を出すことが重要であって、プロセスを楽しむものではありません。

あなたが今やっているネットビジネス。
結果が出ないのにも関わらず、取り組んでいること(手段)これ自体に、
やりがい、楽しみ、そういったことを感じているのであれば、どうぞそのまま同じことをやり続けて下さい(そのような人はこのページを閉じて下さい)。

「稼ぐ」という「目的」を達成するために、今やっているネットビジネスを選んだのであれば、
今一度本来の目的を思い出しましょう。

もしあなたが、
「本当に今のままやり続けていて、稼げるようになるんだろうか」
「時間とお金の無駄なんじゃないか」
と思い始めている賢い方であれば、このページで今後の指針が必ず見えてくるはずです。

「良薬は口に苦し」と言います。
厳しく残酷な現実をお伝えする代わりに、私があなたの未来を大きく変えます。

あなたが、本当に結果に飢えているのであれば、慎重に読み進めていってください。
このページを読むのに費やす時間は、かなり有意義なものとなると思います。

このページで無料で公開されている情報は、
はっきり言って数十万・数百万レベルの情報です。
ここで公開されている情報だけでも、気づきを得、大きく方向転換しすぐに稼げるようになる人も出てくるはずです。

少し、お付き合い下さい。


ゴールドラッシュって知っていますか?
1848年頃、アメリカのカルフォルニアで新しく金が発見された地へ、人々が一攫千金を夢見て群がった出来事のことをいいます。

この時代には、一攫千金を夢見てヨーロッパからも人々がカルフォルニアに移住したそうです。
あまりの熱狂ぶりに、ある歴史家は「金を求めてヨーロッパ中から人々がいなくなったほど」と当時の状況を表現しています。
「ゴールドラッシュ」は、現代のビジネスやお金儲けにも活かせるような教訓が得られた出来事として有名です。

なぜなら、「金儲けしたい連中相手に、金儲けした方が金儲けできる」という教訓を残した歴史的出来事だったからです。

ゴールドラッシュは、本当にごく一部の人だけが金を掘り当て、ほとんどの人は全く儲からないどころか多大なる借金を抱えたと言われています(採掘にお金がかかったり、移住でお金がかかったり)。

しかし、どんな時代にも賢い人というのはいるもので、金脈を掘り当てにきた採掘者向けに商売を行った人がいました。
その人は、このゴールドラッシュで一番富を得たと言われています。おもしろいことに、最終的には金を掘り当てた人よりも財を成したのです。
その証拠に、彼は後世に名を残しました。多分、彼の名はあなたもご存知だと思います。

ちなみにこの人の名前は、リーバイス・ストラウスと言います。彼は、採掘者相手に、耐久性に優れた素材のズボンを販売して大儲けしました。

もうお分かりかと思いますが、彼は世界的ジーンズブランド、「リーバイス」の創業者です。
ゴールドラッシュでの成功が、「リーバイス」創業のきっかけです。

(※もともと作業服として生まれたジーパンですが、その後ファッションアイテムとして世界中に広まりました)


時は代わって現代。
今のネットビジネス界は、まさに18世紀のゴールドラッシュそのものです。

多くの人々から熱い視線を受けている「現代の金脈掘り」が「アフィリエイト」です。

アフィリエイトで、生計を立てられるぐらい稼げている人間は本当にごく一部です。
インターネットでは、アフィリ長者たちがたくさん目につきますが、偽物は多いです。
彼らは稼いでいる証拠としてよくASPの報酬確認画面のキャプチャを公開していますが、あれは偽造ものであることがほとんどです。
(※興味のある方は、この点についてインターネットで調べて見て下さい。ASPの報酬確認画面を偽造することがどれだけ簡単にできるかがお分かり頂けると思います)

ですから、あなたが思っている以上にアフィリエイトで成功している人は少ないということを知って下さい。

また、あなたも1度は聞いたことがあると思いますが、アフィリエイターの95%は月に5000円すら稼げていないという統計データが出ています。これがアフィリの現実です。
         

アフィリエイターの95%が月5000円も
稼げていないということに対する反論異議について。

最近、「アフィリエイターの95%が月5000円も稼げていない」という統計データーに反論や異議を唱える人を見かけるようになりました。
「ASPに登録している“全”アフィリエイターの内、95%が月5000円すら稼げていないというが、ASPに登録しているアフィリエイターの中には休眠している人も多いから、実質的にはもっと多くのアフィリエイターが稼げているはずだ」
というのがよく見かけるものですね。
結論から言うと、こういった反論・異議を唱える人は、「アフィリエイトは稼げる」ということをアピールして何らかの商品やツールを売りたい(アフィリエイトしたい)だけですので信用できません。

ちなみに、今ご紹介した反論・異議は、よく見ていけば明らかな筋違いです。
言い分としては、「実際に活動していないアフィリエイターを分母に入れるから割合がおかしくなる(過度に小さくなる)」ということですが、ではなぜ登録だけして活動しないアフィリエイターが出てくるのでしょうか。
答えは簡単。稼げると思ってアフィリエイトをはじめたけど、稼げなかったから活動しなくなったのです。
こういった人たちを計算に入れなければ、アフィリの厳しさ・現実が統計に正しく反映されません。

ですから、「アフィリエイターの95%は月5000円すら稼げていないという統計はおかしい」という反論・異議はおかしいのです。

「○○試験の合格率は10%だけど、実際はまともに勉強を継続していない人が受験しているから、実質的な合格率はもっと高い」と言っているのと同じです。このような考えは、これから勉強を始める人の気休めとしては有益な考え方だと思います。
しかし、そもそも論として「統計」という情報の価値は、客観性や中立性にあります。「実質的なパーセントは・・・」なんていう考え方は、主観にもとづくデータの改ざんです。こんなことを言い出したら、「統計」情報はいくらでもねじまげられてしまいます。結果、存在価値を失います。

それから、多くのアフィリ本などでも見受けられる、「多くのアフィリエイターが稼げない理由は継続しないから」という意見もまったくもって筋違いです。
多くのアフィリエイターが継続できないのは稼げない、成果が見えないからです。

何かしらの事業をはじめようと思い、銀行から資金を調達しようとすると、調達資金をどのように使って収益・利益をあげようとしているのか、プランや戦略を銀行側に説明しなければお金を借り入れることはできません。
ビジネスというのは、「限られた資源をいかに効率的にお金にかえていくか」が問われる世
界です。

アフィリエイターにとって、時間は経済的に価値のある資源です。
なぜなら、アフィリエイトに取り組む時間をアルバイトにでも費やせばお金を生めるからです。ですから、アフィリエイターにとって「時間をいかに効率的に大きなお金にかえていくか」は真剣に考えなければいけないことです。

「多くのアフィリエイターが稼げない理由は継続しないから」という意見は、例えるならば「多くの事業家が失敗する理由は、調達する資金が少ないから」と言っているようなものです。
確かに一理あるのですが、「限られた資源をいかに効率的にお金にかえていくか」というのが起業家の腕が問われるところであり、最もフォーカスすべき点です。ここをなおざりにしている点で問題があります。「どれだけ借金できるかが起業の成否を分ける」なんていう考えは、はっきりいってズレています。

特に、ネットビジネスはお金がかからないことと、やり方次第で大金を掴めるチャンスがあることが特徴であり、魅力なはずです

「稼げない理由」というものに、時間などの有限性資源の投資量の話を持ち出すのは、「根性さえあればなんとかなる」「継続していればなんとかなる」といったような、かなり無鉄砲な考えを生み出すことにつながってしまいます。

時間というものは、失っても取り戻す余地が無いという意味では、お金よりもはるかに希少性の高い資源です。この資源を、むやみあたりに使えばなんとかなるという暴論は、ビジネスの素人の発想です。確かに、時間の投資は大事ですが、あくまで効果的にお金を生めるプランや戦略あってこそ。

お分かりのように、アフィリで生計を立てるぐらいに稼ぐのは「かなり厳しい」のが現実なのです。95%が月5000円すら稼げないのです。残りの5%の内、生計を立てるぐらい稼げている人はもっと少ないことでしょう。

さて。「現代のリーバイス・ストラウス」はどこにいるかご存知ですか?

もうお分かりですよね。

あなたにさんざんアフィリエイトやら、転売ビジネスやら、情報起業やらをすすめている人たちです。特に、アフィリエイトをすすめているアフィリエイターですね。

(※リーバイス・ストラウスさん自体は悪者ではありませんよ)

アフィリエイトは、ねずみ講です。

あなたは、稼いでいるアフィリエイターたちが一体何をアフィリエイトして稼いでいるのかご存知でしょうか?
結論から言うと、それは「情報商材」です。
大体、月収30?40万円以上稼ぐアフィリエイターはほとんどといっていいほど情報商材アフィリエイトに手を出しています。

アフィリエイトで稼ぐ額というのは、基本的に

という方程式で成り立っていますが、報酬単価が低いと、
どれだけ人を集めてもどれだけ成約させても、まともな金額を稼ぐことはできません。

また、アフィリエイト報酬単価の大小が、集客と成約の面で超えなければならないハードルの高さを大きく左右します(イメージとしては、報酬単価が倍になると、集客・成約の超えなければならないハードルの高さは半分になります)。

ですから、報酬単価の高いアフィリエイト案件を取り扱うことがかなり肝となってきます。
これはどんなアフィリエイト教材でも言われていることです。

しかしながら、報酬単価が高くても、アフィリエイトする商品やサービス自体の販売価格が高ければそもそも論として成約(購入してもらうこと)が難しくなってきます。
当然、原価がかかっているような商品・サービスのアフィリエイト報酬は、販売者(広告主)側の利幅が限られているために、大して高くありません。

となると、販売価格に対するアフィリエイト報酬の割合が大きい商品やサービスをアフィリエイトしなければアフィリエイターはやっていけません。
必然的に、そのような商品やサービスというのは原価率が低いものに限られます。そしてその代表格というのが「情報商材」なわけです。

ですから、巷のアフィリエイターはこぞって情報商材をアフィリエイトするわけです。
情報商材アフィリエイトに手を出さなければ、専業で食っていくことがかなり厳しくなるのですから。

情報商材を購入する人というのは、PDFファイルやDVDに数万円というお金を払うわけですから、売れる情報商材のテーマというのはかなり限定されてきます。
早い話が「お金儲け」系です。お金儲けの情報でなければ、情報商材なんて大して売れません。
「お金儲け」と言っても、いろいろなお金儲けがあります。
ただし、巷のお金儲け情報商材のほとんどの内容は、実現性の無い詐欺的なものばかりです。

アフィリエイターたちは、このような詐欺的な情報商材を売るのにはかなり苦労します。
また、詐欺的な情報をアフィリエイトして短期的な利益は得られたとしても、長期的にやっていくのはかなり難しいです。

となると、「詐欺ではない」実現性のあるお金儲けの情報をアフィリエイトしなければなりません。
その代表格というのが「アフィリエイト教材」なのです。
アフィリエイトであれば、実際に稼げている人もいることはいますし、真っ当なインターネットビジネスとしての一般認知度も上がってきていますので、これをテーマにした教材というのはアフィリエイトしやすいわけですね。
ただし、ただただアフィリエイトしても売るのは難しいので、皆あの手この手を使います。


ここからが重要な点なのですが、
アフィリエイト教材をアフィリエイトするには、アフィリエイトが稼げるビジネスであることをアピールして夢を見させ、それに釣られて『新たにアフィリエイトをはじめてみようと思ったカモ』を生み出し、そしてそのカモにアフィリエイトしなければならない」のです。

アフィリエイターは、自分がアフィリエイトで稼ぐために、新たな新人アフィリエイターを生む必要があるわけですね。
嘘だと思ったら、インターネットで検索してみて下さい。自称か本当かはわかりませんが、月収100万、月収何百万、月収1000万といったトップアフィリエイターたちの多くが初心者相手に商売しているのがわかると思います。

これって結局、ねずみ講なわけです。

歴史を振り返ってみましょう。
ねずみ講的なビジネスというのは、一時はブームになりますが、しばらく時間が経つとブームはかなり静まりましたよね。

アフィリエイトもまったく同じで、一時期稼げる人がドバッと一気に増えて、参入者も増え、ブームのようになっていた時代がありましたが、それも少し時間が経つと沈静化しました。
その理由は単純です。飽和するからです。
ねずみ講ビジネスは、先行者は圧倒的に有利で、後続は圧倒的に不利なのです。

そこで、巷の後続組はいろいろと考えます。
どうやったら後続組でも稼げるようになるのかと。
そこで、2010年頃から流行りだした手法が、「豪遊生活を動画でアピールしてカモを釣る」手法をつかったアフィリエイトです。

アフィリエイトで成功して若くして高級車を乗り回せるようになりました!
アフィリエイトで成功して若くしてこんないいところに住めるようになりました!的なアレです。
(こういうアフィリエイターは、大体レンタルを活用してます。)

夢を見せるような演出をし、そこに群がった情報弱者に対して「アフィリエイト教材」をアフィリエイトする。これが、流行のアフィリエイト手法になったわけです。
つまり、夢を売って稼ぐ。
この手法をとことん追求して極みを行ったのが、2年ぐらい前からアフィリエイターとして頭角を表した「秒速で稼ぐ」彼でした。

思えば、今の若い人はあんまりわからないかもしれませんが、ネットワークビジネスが全盛だった頃も似たようなことはありました。

歴史は繰り返すんですね。


 

 

あなたは、都合の良いように
教育されているんです。

多くの「稼いでいる上級者アフィリエイター」が常に大事にしていることがあります。
それは、「見込み客を教育すること」です。

初心者アフィリエイターはあまりピンとこないかもしれませんが、これは上級者アフィリエイターなら誰もが心がけていることです。自分が集めた見込み客に対して、教育を施し、そして行動を促していく。この一連のプロセスは、アフィリで大きな成果をあげるための鉄則とされています。

教育ですよ?

多くの稼いでいるアフィリエイターがアフィリエイトしている商品は、「アフィリエイトをテーマにした情報商材である」ということは既にお話しました。
もうお分かりかとは思いますが、アフィリエイターの言うことを聞いてネットビジネスを始めてみよう、教材を買ってみよう、ツールを買ってみようと思ってしまった時点で、都合の良いように教育されてしまっているわけです。
アフィリエイトに希望を見いだすのはいいですが、うまく教育されてしまい現実を歪めて認識してしまってはいけません。アフィリで生計を立てられるのは上位数%のみです。

あなたがどんなネットビジネスに取り組んでいるにせよ、そのビジネスをはじめるきっかけに「どこかのアフィリエイター」が絡んでいたというケースは多いはず。

あなたの起こした行動によって、金銭的利益を得た人がいるのです。

アフィリエイト以外にも、お金儲け系の情報はたくさん出回っていますよね。
金儲け情報が公開される理由は、主に5つあります。

@ 実現性・再現性が無い情報を、商材として販売し利益を上げる目的
A その情報を教材・商材として売った方が楽orより儲かる
B 今後、お客さんとなってくれる人を確保するために、餌として有益な情報を公開する
(リピートセールス狙い)
C 公開された情報をもとに行動を起こす人が生まれると、公開者のメリットになることがある(誤誘導することができ、ライバルを減らせる等)
D リスクヘッジとして別の形の収益源をつくるため

 


いずれにせよ、公開者は何らかのメリットを見込んで金儲け情報を公開・販売するわけです。
情報販売にせよ、アフィリエイターが自信のサイト・メルマガで公開するノウハウにせよ、「儲け話」や「儲けノウハウ」の公開には裏があるわけです。

我々が一番気をつけるべきは、「公開されている情報がなぜ公開されているのか」という理由を知るという点です。
特に@は詐欺みたいなものですので最も注意が必要ですが、残念なことに巷の情報商材の大半がこれです。「金儲けしたい連中相手に金儲けした方が儲かる」を地で行くやり方で稼いでいる人たちが大勢いるわけです。

アフィリエイトにしろ、
転売ビジネスにしろ、
情報起業にしろ、
ドロップシッピングにしろ、
こういった有名どころのネットビジネスとこれのノウハウが、これほどまでに人々に知られ巷に溢れている理由は、新規参入者が増えると得をする人たちがいるからです。
これは絶対におさえておくべきポイントです。

本来、そういったネットビジネスが本当に「おいしい」のであれば、ノウハウなどはひた隠しにされるはずです。

どんな理由にせよ、公開者が、そのネットビジネスに本当に取り組んでいる、本当にそのネットビジネスで稼いでいるのであれば新規参入者を増やすことはライバルを増やすことにつながり、自分の首をしめることになりますそれをあえてやってのける理由。これはきちんとチェックしていく必要があります。
たとえどんな理由であれ「おいしい情報」を公開するということは、公開せずに自分でやっていれば得られた利益を大なり小なり放棄することになるのですから。

秘守義務契約のもと、誰か身近な信頼できる人を使ってその情報を実践させ、あがった利益の一部を上納させるというようなやり方をせずに、わざわざ情報商材にして不特定多数に販売するわけです。なぜそのような方法をとるのか、その理由は単純に「その方が利益になる」からですよね。これは裏を返せば、

情報の価値<情報販売によって得られる利益

ということです。
これを頭に入れておけば、安易に騙されることはなくなると思います。

ただし、巷に出回る情報商材やノウハウの内、価値があるものもごくわずかですが存在しています。
これをひきあてるためにはよく考えて判断する必要があります。そうしなければ、宝くじを買うのと同じです。いや、宝くじを買った方がお金になるかもしれません。

根本的なところで言うと、多くのネットビジネス初心者が稼げない理由は、『需要と供給』についてまともに考えていないからです。

特に、多くの人は「需要があるのか」ばかりに目がいってしまい、供給がどれぐらいいるのかについては盲目になってしまっています。
そのビジネスが「本当にお金を生めるものなのか」を知るという点では、「需要があるのか」について注目するのは大事です。しかし、現実的に稼げるかどうかを考える上で競合状態を知ることは必須中の必須であり、これを無視・軽視することはビジネスにおける自殺行為と言っていいでしょう。

また、ノウハウや情報を探し求めさまよっている時点で、自ら好んで「競争が厳しい道を選んでいる」ことになります。あなたが見ている情報は、あなた以外の何百人、何千人、何万人が見て実践しているわけですから。

アフィリエイト、情報起業、ドロップシッピング、オークションビジネス・・・。
こういった知名度の高いネットビジネスは、はっきりいって既にもう供給過多です。今から新規参入してそこそこ稼げるようになるまでは大変な苦労を伴います。

なのにあえて苦しい道を選ぶ理由はどこにあるんでしょうか。

競争を避けるだけでも、ビジネスのやりやすさは全然違います。
日本では、どこにでもありふれたただの「飲料水」でも、砂漠に持っていけば嫌でもバカ売れしてしまいます。

多くのネットビジネス初心者がやっていることは、例えるならば
「銀行から多額の借金をして、日本で新たにミネラルウォーター事業をはじめようとしている」ようなものです。

「アフィリエイトが稼げる!」というのは、
「日本でミネラルウォーターを売って商売できている人がいる!」というのとおんなじです。

確かにそうですよ。
ただ、あなたに再現できるかどうかはまったく別次元の話ですよ?

上位数%の世界の意味がわかっていますか?
あなたは、先発組や専業アフィリエイター、アフィリエイト法人と競争して勝てる気でいるんですか?

結論。
「誰もが知っている『ネットビジネス』と名がつくものには手を出すな」ということです。

これだけでも、スタートラインが他と圧倒的に違ってきます。
競争を避けるという意味でも、
巷のアフィリエイターたちの都合のよい洗脳教育に染まらないという意味でも、
かなりいいスタートがきれることになります。

本来、ビジネスというのは需要ありきで、次に供給(競合)のことを考えるのがセオリーです。

しかしながら、ネットビジネスは参入障壁というものが無い分、競合がめちゃくちゃ多い世界ですので、競争問題から考えていく必要性が高いです。

ですから、「ビジネスモデルとしての型」が多くの人に知られているもの
■ アフィリエイト
■ オークションビジネス
■ ドロップシッピング
■ 情報起業
などには手を出さないのが賢明です。

あなたが今行っている
ネットビジネスとは名ばかりの労働とは、
今すぐにお別れして下さい。


この決断が、あなたの未来を左右します。
今一度、あなたの当初の目的を思い出して下さい。

「稼ぐ」ことが目的ですよね?



・・
どんなビジネスにせよ、「競合がまったくいないビジネスは危険である」という意見があります。
これにはちょっと注意が必要です。

ビジネスの素人は、往々にして「革新的なビジネスアイデア」が成功の秘密だと勘違いしがちです。ビジネスをはじめる上で一番危険なことはまったく需要が無いビジネスを始めてしまうことです。
素人が、「これは誰もやっていないビジネスアイデアだ!きっとうまくいく!」と考えて行動を起こし、結局需要そのものが無くて失敗してしまうというパターンはよくあるようです。
以上の理屈から、「競合がいるビジネスは需要が存在するサインであり、競合がいることはむしろ歓迎すべきである」という意見を言う人が結構います。

確かに、それは一理あります。

ただし、「競合がほとんどおらず、しかも需要が大きいビジネス」が無いというわけではありません。「競合がほとんどおらず、需要が大きいビジネス」を行えるのであれば、それが一番理想的なのは言うまでもありません。まずはそれから探すべきです。

そうです。
あなたが、すぐに結果を出せるようにやるべきこと。
それは、「需要>供給」のおいしいビジネスを見つけ、そこに参入することです。

実は、このページの冒頭で述べた、私の「成功の秘訣」というのはここにあります。
私が、ネットビジネスで長きにわたってそれなりの金額を片手間で稼げる理由。それは、「需要>供給」のビジネスに取り組んでいるからです。

胸に手をあてて考えてみて下さい。
世の中、上には上がいるのです。

あなたより、
遥かに有能で
時間を持て余し
資金力があり
経験がある競合はたくさんいるのです。

熾烈な競争の世界に足を踏み入れれば、結果を出すために競争に勝つことが求められるのです。
寝ても覚めても競争、競争。
追いかけ、追いかけられ。おまけに需要はどんどん変化していく。

現に、あなたがこれまでまともに稼げなかった理由は、競争に負けていたからなのです。そしてそれすら気付いてこなかったことでしょう。

あなたは、
どこにでもあるようなアフィサイト・ブログをつくったりしませんでしたか?
どこにでもあるようなメルマガを配信したりしていませんでしたか?
そのへんの情報商材と似たようなものを販売したりしていませんでしたか?
情報商材の内容を鵜呑みにして愚直に転売ビジネスを実践したりしませんでしたか?

・・・で、それで稼げましたか?
・・・それでいくら稼げたんですか?

めちゃくちゃ苦労して時間とお金をかけ、競争に勝ち、稼いだ100万円も、
片手間で、競争知らずで、遊び感覚で稼いだ100万円も、
同じ100万円
です。

私なら、絶対後者を選択します。

2000年代初頭は、アフィリエイトなんて、
テキトーなサイトにテキトーなバナーを貼付けていればお金がじゃんじゃん稼げたって知ってますか?

あのホリエモンが始めて起業した、「オン・ザ・エッジ」という「ライブドア」の前身であるHP制作会社は、今ではそこらの高校生がつくれるHPよりも質の悪いHPをつくっていたのにも関わらず、当時は引く手あまたで急成長していったって知ってますか?

ソフトバンクの孫正義社長が駆け出しの頃、日本ではすっかり見向きもされなくなった「インベーダーゲーム」をアメリカに逆輸入して大金を稼いだって知ってますか?

楽天の三木谷社長は、アメリカのeコマースモデルをパクって日本に輸入し、楽天市場を立ち上げたって知ってますか?

競争を避けること、
競合のいない市場(他人がやっていないこと)でたたかう重要性が
お分かり頂けたでしょうか?

競争状態や競合の動向を知ることの重要性が
お分かり頂けたでしょうか?

早い話、みんながやってるビジネスはやっちゃダメなんです。

そろそろ、核心に触れましょうか。

成功の秘訣、それは「努力せず、楽してさっさと結果を出すこと」です。
これはあまりにも衝撃的な事実だと思います。

しかし、真実です。


楽をするためには、「徹底して競争を避ける」ことが重要です。
さっさと結果を出すためには、「徹底して競争を避ける」ことが必要です。

私は、楽してさっさと結果を出すことにこだわっているから、長きにわたってこの業界でやれているのです。
そして、競争を避けて楽してさっさと結果を出すためには、「自分が頑張る」のではなく何か「他」の力を利用することが大切です。
「他の力」というのは、他人や他社の資源だったり、別のマーケットでの成功事例だったり、時代の潮流やブームだったりといろいろあります。

あの誰も知る金持ち本、「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズの本の一節に、このような言葉があります。

 

IBM、シティバンク、チャールズシュワブ、マイクロソフトなどをクライアントとして抱える世界ナンバーワンとの呼び声高い経営コンサルタント、ジェイエイブラハムは、著書「ハイパワーマーケティング」でこのような教えを説いています。

世界一の投資家であり、世界の富豪ランキング上位常連のウォーレンバフェットは、このような言葉を残しています。


世界一の投資家。
世界一の経営コンサルタント。
ナンバーワンの金持ち本。
ホリエモン
ソフトバンク孫正義
楽天三木谷・・・


彼らは、
競争を避け
人まねをせず
自分が勝てるフィールドで
自分以外の“他”の力を利用して



一方、あなたがしていることと言えば・・・

熾烈な競争に飛び込み
人真似ばかりをし
自分が勝てる見込みの無いフィールドで
自分一人の限られた資源・アイデアだけで無駄な努力を続けている・・・。

私も昔は無駄な努力をしていました・・・。

私自身、ネットビジネス参入当初はあなたと同じようなことばかりしていました。

アフィリエイトをはじめとする、よく知られたネットビジネスに時間とお金を投じ、まともな成果が出せずに苦しんでいました。

しかし、あるとき気づいたのです。


私を今の状態に導いて利益を得たやつがいる、と。

 

私が、巷のよくあるネットビジネスに手を出したきっかけは、アフィリエイターやインフォプレナーに誘導されたからです。
その際、何らかの教材を買ったりツールを買ったりしているわけですから、私の「ネットビジネスをはじめる」という行動によって利益を得たやつがいるわけです。しかもそれは、意図的な誘導経路に沿って私が動いた結果なわけです。

私は、それに気付いてから取り組んでいた全てのネットビジネスを捨てました。
そして、競争のいないフィールドで、私以外の「他」の力を利用しながら、勝てる勝負だけをしようと決めたのでした・・・。

それからは、今までのことが嘘のように、トントン拍子で成功の階段を駆け上がることができるようになったのです。

今、ここまでで公開した情報は非常に価値があるものです。
おそらく、あなたは目からうろこが落ちるような気持ちでここまで読み進めてくれたのではないでしょうか?

サラッとお話ししてきましたが、ビジネスで成功を掴むために絶対に知っておくべき「非常に価値ある情報」を、既に無料で公開してしまっています。
今、この段階でひらめきを得、何か新しい行動を起こしてみたくなる人もいるでしょう。

あなたの今後の方向性として、あなたが考えるべきことは「成功の秘訣」に従った具体的なビジネスモデルをどのように構築していくか、です。

競争は避けましょう。
競争することになるような人真似はやめましょう。
自分が勝てるフィールドでビジネスをしましょう。
自分一人の資源や自分のアイデアだけで勝負するのはやめましょう。


私は、とにかく「競争を避ける」ことを徹底しようと思いました。
そんな私にとって、一番頭を悩ませる問題が「需要を見つけること」でした。

繰り返しになりますが、競合がいるということはそこに需要があるということです。
競合がいるということは、需要があるサインです。
競争を徹底して避けるということは、「需要の存在を確認するためのサイン」が無い状態でビジネスチャンスを探さなければならないということです。

需要があり競争がないマーケットでビジネスをはじめるために、もし革新的なプロダクト開発やサービス開発などに足をつっこんでいたら、私は今も稼げずにさまよっていることでしょう。
私のこれまでの話を聞いて、もしかするとあなたは「競争がいなくて需要が大きいビジネスをはじめるためには、何かしらのイノベーションを起こさなければならない!」なんて勘違いしちゃっていたかもしれませんが、決してまあたらしいことをする必要は無いのです。斬新なアイデアもいりません。


私は、成功者たちの「成功の秘訣」を常に念頭に置いて、ビジネスチャンスを模索しました。

「またぎ越せる30cmのバーはどこにある」
「相乗りして利用できるような、他人の“資源”はどこにある」
「どうやれば、誰もやっていないネットビジネスをつくりだせる」

こういったことを、自問自答しました。

そして、私はついにあるビジネスモデルを思いつくに至りました。
それは、決して革新的なアイデアなんかではありません。しかし、成功者たちが語る成功の秘訣の教えに忠実に従ったからこそ生まれたアイデアでした。

なんでこれを今まで気付かなかったんだろう

思いついた当初、真っ先に思ったことがこれです。
私は、このビジネスモデルを思いついたとき、実践する前から「稼げる確信」を得ることができました。

「これで稼げないわけがない」

揺るぎない自信がありました。

通常、こういった類のひらめきには心が踊り、はやる気持ちを抑えきれないものです。
しかしながら、私は自分でも気味が悪いほど冷静で、そして落ち着いていました。
あなたも、これからの人生の内で一回ぐらいはこういう経験をすることがあるかもしれません。
断固たる自信と確信にもとづいて、ある実用的なアイデアを思いついたとき、それが現実的なものであればあるほど意外と高揚感は感じません。逆に、洗練され研ぎすまされた、落ち着いた精神状態になるのです。

これから先、何かが起こる

と本能でわかるのです。


また、私が気味が悪いほどに落ち着いていた理由は、
「こんな簡単に稼げるビジネスで、楽にお金を手にしてしまっていいのだろうか」
というような、ある意味
罪悪感にも恐怖にも近い感情も感じていたからだと思います。

長年、サラリーマンとして働くことで体に染み付いてしまっていた
「職業観」みたいなものが、そのビジネスモデルの「威力」に対して、
アレルギー反応を起こしていたのでしょうか・・・。


私は、そのビジネスモデルを早速実行に移してみました。

そして・・・。
確信は現実へと変わりました。

開始直後、たったの2週間で70000円という収入が私の銀行口座に入ってきたのです・・・。

あのときの衝撃は、今後一生忘れることができないと思います。

百聞は一見にしかず。こちらをご覧下さい・・・。


ビジネスや商売の本質とは、「価値の創造と提供である」とよく言われます。
さらっと一言で言うのは簡単ですが、これを実行に移すのがなかなか難しいわけですよね。
かといって、この本質から外れたビジネスを行ってしまえば、例外無く破綻してしまいます。短期的に成功をおさめたとしても、長期的には続きません。

実際、私は「楽して」「簡単に」「ゲーム感覚で」開始2週間で70000円を稼いでしまいました。

実働時間は3時間程度です。


こんなことを言ってしまうと、あなたは私に対して「疑いの目」を向けたくなることでしょう。
「何かズルいことをやったんじゃないか」と。
その気持ちは、とてもよくわかります。

しかし、私は「商売やビジネスの本質」からそれたことをやったわけではありません。
ましてや、違法性のある行為、グレー・アダルト産業、ギャンブル、金融投資などに手を出したわけではありません。

成功者たちの「成功の秘訣」の一つである
他人の資源を活用することで成し得た結果が、実働 時間、開始後2週間で70000円というものでした。

他人の資源を活用したからこそ、私は文字通り「簡単に」稼げてしまったわけです。

開始後、2週間で簡単に稼げてしまった7万円というお金。
これは、決して夢ではなく、私の通帳の「\70000」という印字によって証明された、現実に起こった出来事でした。
「本当に振り込まれたのか?」と疑いの気持ちが晴れなかった私は、通帳の入金履歴すらも信用できず、実際にお金を引き出してみることに・・・。

私の手には、見慣れた茶色みがかかった一万円紙幣が、確かに7枚握られていました・・・。

70000円という金額。
アルバイトをして稼ぐには何時間働く必要があるのでしょうか。
サラリーで稼ぐにはどれだけのストレスに耐えなければならないのでしょうか。

ゲーム感覚でお金を稼げる世界。
自分だけのATMを手に入れたような感覚。

その日から、私の金銭感覚は崩壊してしまいました。


私は、それ以降もサクサクと稼ぎ続けることができるようになりました。
このビジネスを開始後、私の収入は右肩上がりで増えていき、半年後には月収30?40万円を安定的に実現できるようになりました。
ちなみに、収入が増えるにつれて、私の実働時間が増えたり、苦労が増えたということはまったくありません。

遊び慣れたゲームで高スコアを稼ぎだすのと同じ感覚で、
通帳の入金履歴・残高履歴の数字を増やしていく手段を手に入れた私。

今のあなたにはなかなか想像ができないと思うのですが、自分の力で楽しくお金が稼げるようになると、人生は180度変わります。

一番大きく変わったのは、やはり心理的な面です。
自分の力で楽々お金を生み出せるという現実、
会社に依存せず自分の人生を決められるという自信は、
言葉では言い尽くせない絶大な安心感を生みます。

朝起きたその瞬間から、夜眠りにつくまで、
何をするもしないも全て自分の自由。
今日が何曜日なのかなんてまったく気にしなくていい生活。

お給料としてもらうお金と、自分でビジネスを行って生み出すお金には圧倒的な違いがあります。
そしてその違いが、毎日の生活と人生に大きな変化をもたらします。
自分の力でお金を生み出せるようになると、見える景色が、全てが、まるで違ってきます。

圧倒的な安心感、そして自由。そして金銭面での大きな自信。
これらがもたらしてくれる「人生の充実感」というのは、ハンパではありません。



あなたに刷り込まれた価値観をぶちこわさせて下さい。

お金儲けで一番大事なのは、「楽して稼ぐこと」です。
それは、「楽して稼ぐためにはどうするか」を考えることが重要ということです。

誤解を恐れず断言すれば、苦労してお金を稼ぐというのはバカがすることです。
お金に苦労している人というのは、どうやったら楽にお金が稼げるようになるのかを真剣に考えたことが無い人がほとんどです。当たり前ですね。
楽にお金が稼げるようになる情報を追い求めることはあっても、楽にお金が稼げるようになる方法を、頭を使って真剣に考え追求したことが無い人がほとんどです。

だから無駄が多いのです。
考えが甘いと、そのツケを労働なり時間なりお金なりでカバーしなければなりません。

「楽してお金が儲かる方法なんてないよ」と最初から決めつけ、楽してお金を儲けるにはどうしたらいいかを真剣に考えたことが無い人は多いです。そういう人は大抵、「努力すれば報われる」だとか「コツコツ継続」とか「勤勉」とか「評価」とか「能力」とか「人脈」いった言葉が好きです。

楽して儲かる方法を真剣に考えず楽してお金が儲かるほど
世の中は甘くありません。

お分かりでしょうか。

楽してお金が儲かる方法は
楽してお金が儲かる方法を探し求めた者のみに
与えられる

のです。
考えてみれば当たり前のことです。

また、「楽をする」ということに対して、思考停止状態で無意識的に嫌悪感を抱く人はかなり多いと思います。

そもそも、文明社会が発展してきたのは「人間が楽したい」生き物だからです。
車が生まれたのは、歩くのが面倒で、楽したかったからです。
洗濯機が生まれたのは、手洗いで洗濯するのが面倒で、楽したかったからです。
スーパーマーケットが生まれたのは、商店街をまわるのが面倒で、楽したかったからです。
電子マネーが普及したのは、小銭を出すのが面倒で、楽したかったからです。

楽したいを実現するには、「考える」ことが求められます。
人類が「考えて」社会を発展させてきた結果、今の便利な世の中があるのです。

歩くのが面倒だからといって、ひたすら歩いたり走る訓練をして面倒さは取り除かれるのでしょうか。
手洗い洗濯が面倒だからといって、ひたすら手洗い洗濯の練習をして、技術を上達させることで面倒さは取り除かれるのでしょうか。
商店街をまわるのが面倒だからといって、まとめ買いをして重い荷物を持って帰ることが面倒さを取り除いてくれるのでしょうか。

小銭を出すのが面倒だからといって、なるべく財布の中に小銭を残さないように努力することが面倒さを取り除いてくれるのでしょうか。

人間は、「考える」という行為を一番避けたがります。
人間が他の動物と圧倒的に違う点は「考える」ことができる点です。

苦労して稼ぐ人は、確実に頭を使っていない人です。


楽することはイコール怠けることではありません。
頭脳をフル回転させて生み出す「楽」は、むしろ賞賛されるべきものです。実際、人間が考えに考えて生み出してきた「楽」が世の中を発展させてきたのですから。



私に自由と、自信と、安心感を与えてくれたビジネスモデル。
これの概要を今からお教えしますので、必ずメモをとって下さい。

そして、集中して読み進めて下さい。
頭をフル回転させて考えてみて下さい。

私が、開始2週間にして簡単に70000円を稼ぎ出したその方法。
開始数ヶ月で、苦労や実働時間は増えずに収入が右肩上がりになっていったその方法。

それは、「完成されたお金の流れに割り込む」という方法です。

成功者たちが語る成功の秘訣、
競争を避け
人まねをせず
自分が勝てるフィールドで
自分以外の“他”の力を利用する

という思考を、
私は、「完成されたお金の流れに割り込む」という方法で、ビジネスモデルとして具体化したのです。

巷で知られている、多くの「ネットビジネス」と名がつくものは、例外なく全て、「自分でお金の流れをゼロからつくらなければならない」という欠点があります。
自分にお金を運んでくれる、「お金の流れ」を一からつくりあげなければならないのです。

イメージとしては、水道がひかれていないど田舎にある家に、自力で新たに水道をひいてくるようなものです。水源がどこにあるかも全部自分で探さなければなりません。それって、かなり大変ですよね。

しかし、私が実践したビジネスモデルというのは、既に水道が整備されている場所に自らの家を立てるようなイメージです。そして、他人の水道からこっそりお水を抜き取る形で水道をひきます。

多くのネットビジネスは、激しい競争を勝ち抜き、需要をお金にかえることが求められますが、それ以前の問題として、自分のもとへと流れてくる「お金の流れる道」をゼロから建設しなければならないという難点があります。また、そもそも論として水源も探さなければなりません。

具体的には、サイト・ブログアフィリエイトであれば企画?立ち上げ、SEO対策や金になるキーワード探し等がこれにあたります。情報起業などであれば、企画の立ち上げから商材の執筆作成、セールスページの作成などがこれにあてはまります。

厄介なのは、それなりの量の地下水(需要)があると見込んで井戸を掘ったのにも関わらず、実際ふたを開けてみると大した水源ではなかったというようなケースが、巷のネットビジネスにはよくあるという点です。

そういった問題点を全て回避できるのが、「完成されたお金の流れに割り込む」という方法です。
既に完成されたお金の流れに自分を割り込ませれば、簡単に利益を獲得できるビジネスをスピーディーに展開できます。おまけにリスクはゼロで、自分自身の実働はほぼ必要ありません。なぜなら、多くのネットビジネスにおける「実働」の部分は、水源を見つけお金の流れをつくる目的で行われているからです。
既にお金の流れが完成されているのですから、自分が割り込めばどれだけの利益を獲得できるのかも事前にかなりの高精度で予測が立ちます。

それから、巷のネット起業家は「ゼロから始める」ことばかりに目が向き囚われてしまっているので、ライバルもいません。頭の悪い人は、目的と手段を混同してしまいます。当初の目的を忘れて、「手段が目的」になっているパターンとしては、SEO脳から脱却出来ないSEOバカや情報収集が目的になってしまっているコレクター、マーケティングの勉強ばかりして稼げない努力家などがこれにあたります。そういう人がネットビジネス界にはかなり多いので、「完成されたお金の流れに割り込む」という考え方ができる人は、大勢の人よりも頭一つ抜きん出た状態でスタートできるのです。


・・・理屈はよくわかったけど、そんなこと、本当にできるの?具体的にはどうやるの?
といった疑問をお持ちになったかもしれません。
それについては順次お答えしていきますが、この方法をとるビジネスがかなり有効的なのは間違いないです。

この点については、あの有名人も過去に発言をしています・・・。



堀江貴文氏は、「インターネットの本質は、中抜き」と過去に発言をしています。

この、簡潔にしてこれ以上無いまでに的を得た指摘は、さすがだと思います。

世のIT企業がどんなことをやっているか、どんな問題解決を社会にもたらしているのかをみてもらえれば堀江氏の発言の意味がよくわかると思います。
インターネットというものが果たした一番の社会的貢献は「無駄な中間プロセスの排除・合理化」を実現したことです。これにより、あらゆる産業、あらゆる分野において合理化というのが進みました。

例えば、事業者の店舗賃貸料等をはじめとする固定費の削減に貢献しました(ネット通販)。
例えば、郵便DMの必要性が小さくなりました。
例えば、家電製品などはインターネットのおかげで大分安価に手に入るようになりました。
例えば、新聞が不要になりました。
例えば、重くてスペースをとる、百科事典のような情報網羅型の書物は不要になりました。
例えば、契約書や法的書類などの専門性の高い書類を作成したいとき、わざわざ専門書を買ったり専門家に依頼しなくても良いようになりました。
例えば、効率的にニュースなどの情報収集をしたい人にとって、テレビは不要なものになりました。
例えば、SNSの発展・普及は、従来の通信回線(電話・メール)の必要性を根本から揺るがしています。

そしてこのような
不要な中間プロセスを排除・合理化する「中抜き」は今後も続いていくでしょう。

中抜きは、視点を変えて見れば、「従来の完成されたお金の流れに取って代わり、割り込む」ということでもあります。

例えば、amazonは
出版社 ⇔ 書店 ⇔ 消費者
というお金の流れに割り込みました。
Amazonが「中抜き」したのは書店です。Amazonのおかげで、潰れた書店というのはたくさんあったことでしょう。

基本的に、ITの世界で伸びるビジネスは「中抜き」ビジネスです。
ホリエモンが言うように、そもそもネットの本質は「中抜き」なわけです。
ネットの世界では、革新的なwebサービスを提供するITビジネスがたくさん生まれていますが、「中抜き」タイプじゃないビジネスは一発屋で消えていくことが多いですね。

ですから、「既存のお金の流れに割り込む」という方法論自体は、まさに「インターネットの特性」を活かしたものであると言うことができると思います。
「中抜き・割り込みなんてネットビジネス、本当にできるの?」という質問はナンセンスです。
中抜き・割り込みこそが、ネットビジネスの目指すべき方向性なのです。



私が行っているビジネスモデル、これを「隙間割り込みビジネス」と呼ぶことにします。

私が「隙間割り込みビジネス」でやっていることは、企業と個人の間に完成された「あるお金の流れ」に割って入り、利益を獲得するというものです。

企業というのは、たくさんの金銭的資源、人的資源、設備等をもっています。
そんな企業が、努力と時間をかけてつくりあげた収益の流れというのは、かなりしっかりとした流れであり、そしてそこで流れているお金の量というのも多いものです。

私たち一般の個人が、企業に対してお金を払う場面というのは多々あると思います。
それに対して、私たちが、個人に対してお金を払う場面というのはあまり無いのはお分かりでしょうか?

やはり、それだけ世の中の「お金の流れ」というのは企業が獲得しているんですよね。世の中のお金の流れは、「矢印は企業向き」なのです(だからこそ、現代人の職業で一番多いのがサラリーマンなわけですが)。

お金が流れてくる「流れ」を構築し獲得しているのはほとんど企業であり、それの裏返しとして、わたしたちが日々の生活の中で使うお金というのはほとんど「企業宛て」に投じられています。
それで現代社会の経済と現代社会人の生活は成り立っているわけです。

多くの現代日本人は、経済状況の差によって違いはあれど、基本的な物欲や生理的欲求などは満たされています。また、ものやサービスなどはいくらでも身の周りに溢れかえっています。
こんな現代社会で商売を展開していく際には、「基本的ニーズが満たされている現代人に対して何かを売らなければならない」わけです。そのため、「お金を使わせるため」には「欲しがらせる」ことが必要になってきます。
だから多くのアフィエイターは、派手な私生活を公開して夢を見させるわけです。だから巷の情報商材は、札束画像等を多用するわけです。欲望を刺激して、教材やツールを買わせているわけです。

他方、既に完成された「お金の流れに割って入る」のであれば、従来のネットビジネスと比べて圧倒的に簡単・スピーディーに利益を得ることができます。なぜなら、そこにすでに「お金の流れ」が存在しているわけですから。

そして、この方法論こそがいわゆる「まっとうなインターネットビジネス」を展開しているIT企業がやっていることです。そして、インターネットというものが社会に変化を与え、社会に利益をもたらしてきた「中抜き(割り込み)」というものなのです。

● amazon
● google
● ニコニコ動画
● youtube
● 楽天
● facebook
● 価格ドットコム
● リブセンス

みんな、「中抜き」企業です。


ネットビジネス界で、常に中心的役割を果たしている存在がinfotopです。
多くのインフォプレナーはinfotopで情報販売を行っていますし、また、多くの稼いでいるアフィリエイターがinfotopで販売されている情報商材をアフィリエイトしています。

Infotopを創業したのは、菅野一勢と高浜憲一という男ですが、この2人は若くして年収億越えを達成し、既にシンガポールでアーリーリタイア生活を送っています。

高浜憲一が、フォレスト出版の『THE START』という書籍の中で、「お金の流れに割って入るビジネス」の利点を語っています。また、infotopが行ったのがまさにこれであり創業のきっかけも「中抜き思考」が生み出したと語っています。

 

 


割り込み(中抜き)は難しくありません。
なぜなら、割り込めるチャンスというのはそこら中にありふれているからです。

これにはいろいろと理由があるのですが、一番知っておくべきことは「世の中の事業者は、自己中心的であり主観にとらわれてものごとを見ている」ということです。
例えば、自分のスキル、自分の能力、自分のアイデア、自分の時間、自社の経営資源、自社の商品・サービス、といったような自分のことばかりを中心に考える人が多いんですね。これは、法人・個人問わずです。
1度何らかのビジネスを始めてしまった人は、そのビジネスのプレーヤーとしての視点からなかなか離れられなくなってしまいます。

他方、中抜きというのは客観的な視点、第三者的な視点が大事になってきます。
マーケットの様子を冷静に観察し、お金の流れを読んで見極め、割り込めるポイントを探すのです。
そういった意味では、まっさらな視点や捉え方が重要です。難しいごちゃごちゃとしたことを考えたりせず、専門的なことばかり囚われず、ただ冷静にお金の流れを読む力が求められるのです。



割り込み(中抜き)と仲介は似て異なります。

私が実践しているビジネスモデルの利点は、既に「完成されているお金の流れ」に割り込むことができる点です。

他方、「仲介」というものは結局新たにお金の流れをつくり出さなければならない点で、巷のネットビジネスと変わりません。結局、営業する相手が変わっただけの話になってしまいます。

「交渉役」「仲介者」、言葉は何でも良いですが、このタイプのビジネスモデルは「他人の資源」を活用できる代わりに、橋渡しする双方の意向をすりあわせて取引を成立させなければならないという点で、難しさがあります。それをできる人はいいのでしょうが、多くの人にとってそれは困難なことだと思います。

仲介というビジネスは「他人の資源を活用する」という成功の秘訣の教えに従っているのは良い点ですが、「自分の勝てるフィールドで」という教えには沿わないことが多いのではないでしょうか。

念のため、もう一度成功の秘訣を掲載しておきます。


競争を避け
人まねをせず
自分が勝てるフィールドで
自分以外の“他”の力を利用する



私が実践している隙間割り込みビジネスは、技能としては、メールとエクセルができればOKというかなり簡単なものです。「エクセルができる」というのは、セルに文字や数字を入れることができるという程度のものです。

メールは、割り込む「お金の流れ」の中にいる企業と個人に、連絡を取るのに使います。
エクセルは、自身の報酬管理等に使います。

仕事のスタイルとしては、基本「待ってるだけ」です。

「メールを使う」というと、ひたすら営業メールを送ったりする必要があるのかと思うかもしれませんがそんなことはありません。
月でやり取りするメールの数は、50もいかないと思います。もっと少ないこともあるでしょう。しかも、そのメールの数というのはメールの往復によって増えていく数なので、繰り返しになりますが不特定多数に営業メールを送るなんてことはありません。
しかも、基本的にメールは送る数より送られてくる数の方が多いです。それに対して返事を送る感じですね。つまり、営業メールを送る作業では無いということです。

エクセルの使い方についても、決まったルール等があるわけではないです。
人によっては無くてもいいという方もいるでしょう。



私は、結果が出ずに苦しんでいる多くのネットビジネス実践者を救いたいと思っております。

あなたが今の状態から脱するためには、「自分は今なぜ稼げていないのか」という理由を客観的な視点から知ることが大事だと思っています。

どんな形であれ、自分でビジネスを行う人というのは自分が「経営者」なのですから、自ら考え自ら判断し、そして自らアクションを起こしていく必要があります。ですから、自分が具体的にどんなビジネスを行っていくのかも全部自分で考えプランを組み立てていかなければなりません。
これには異論の余地はないと思います。
しかしながら、自分で「考える」ためには大前提として、洗脳教育を解くことが必要です。私は、このページを通して多くの人にかけられた「洗脳教育」を解きたいと思っています。
もし、あなたが「目が覚めた!」というような思いを今抱いてくれているのであれば、私はとても嬉しく思います。

そうであるならば、今ここまでの段階で、私の目的は80%果たせたようなものです。
あなたが、真剣にここまで読み進んでくれたのであれば、「今なぜ稼げていないのか」「今後どうするべきなのか」が見えてきたはずです。
是非、今後「意味のある方向転換」をしていって下さい。


話は変わりますが、人々がビジネスの情報やお金儲けの情報に飛びついてしまうのは「お金が欲しいから」だと思います。当然ですね。
世の中には「お金儲けは悪」みたいな風潮があると思いますが、お金が欲しいという欲望それ自体は現代人であればとても自然なものです。

お金が欲しいと強く思う動機にはいろいろなものがあると思います。
■ 会社をリストラされて、八方ふさがりの状態になってしまっている
■ 勤め先が倒産してしまった
■ 返さなければいけない借金がある
■ 今いる会社で、人間関係に苦しみ精神的に参っている
■ 家族のためにもっとお金を稼がなければならない
■ 離婚して、シングルマザーになり急遽生計を立てるための手段を見つけなければならない
■ 今の仕事に絶望し、人生に対して悲観的になってしまっている
■ 体調を崩し働けなくなってしまった

などなど、こういった切羽詰まった状況、精神的に弱っている状況、不安や恐怖に駆られている状況では、人は冷静な判断を下せません。

ここにつけいる輩があまりにも多いのです。
本当に困っている人たちに現実的では無い夢を見させ、お金と時間を浪費させる。
その人たちの生活は何も変わらない。

必要性に駆られて「お金が欲しい」と思うのと、エゴイズムに駆られて「お金が欲しい」と思うのとでは、同じ「お金が欲しい」でも性質はまったく違うと思います。
ネットビジネス界で脚光を浴びている若者たちにはわからないでしょうが、本当にお金に困っている「大人」が思う「お金が欲しい」は、とてもとても切実なものです。
情報を売ることで得たお金で、高級車を乗り回し、酒池肉林の毎日を送っているような若者たちにお金に苦心している人の心的負担が想像できるでしょうか・・・。

私は、このページであなたに情報を売ろうとしています。
私が実践している隙間割り込みビジネスの全貌を具体的に記載したマニュアルです。
これは、必要性に駆られてお金を強く求めている方に手を取ってもらいたいと思っています。
今、余裕があるという方は、絶対買わないで下さい。

経済的余裕、時間的余裕、精神的余裕、なんでもいいですから、とにかく余裕があるという人は
絶対に買わないで下さい。余裕のある方は、ここまででお伝えした情報を頭に入れ、思考を巡らせていけば具体的なビジネスモデルが構築できるはずです。

余裕が無く、本当にすぐに結果を出したい方にとって、「考えろ」というのは、酷だと思っています。ですから、すぐに結果を出す必要性に駆られている方、わらにもすがる思いでこのページにたどりついた方に、私のビジネスモデルの全てをお教えしたいと思っています。

 

あなたが、既存のネットビジネスで目指している収入はいくらでしょうか。

今の生活を脱したい、成功を掴みたい、自分の腕一本でお金を稼げるようになりたい、いろいろな思いはあると思いますが、アフィリエイトをはじめとする巷のネットビジネスが人気を集めている理由の一つに、「大きな金額を稼げる可能性」という点があると思います。

その可能性を求めて今頑張っている人は、私が行っている「隙間割り込みビジネス」にはあまり魅力を感じないかもしれません。

私が、この「隙間割り込みビジネス」で実現できた月収は最高で100万円ちょいといったところです。
この数字をどう思うかはあなた次第です。

アフィリエイトや情報起業みたいに、月収何百万、何千万というのは、このビジネスでは無理です。

しかし、私個人の考えとしては、月収100万円というのは十分夢のある金額じゃないかなぁと思っています。
ただ、過度に期待もして欲しくありません。
このビジネスで得られる収入は、月収10?30万円くらいと思ってもらえればあなたの期待を裏切ることはないんじゃないかと思います。

このビジネスの一番の利点は、稼ぐ額うんぬんよりも、スピーディーかつ確実に収入を得られるようになる点です。
巷のネットビジネスで苦労しているあなたなら、この利点は実践すればかなり感動すると思います。



「隙間割り込みビジネス」を実践してお金を稼げるようになると、あなたの毎日の生活は多分こんな感じになります。

まず、朝は好きな時間に起きることができます。
カーテンを開け、リビングに差し込む日光に向かって思いきり背伸びをします。

遅めの朝食を新聞を見ながら食べます。

仕事は、お昼頃からはじめると良いのではないでしょうか。
ソファーに座り、膝上に置いたノートパソコンを開き電源を入れる。
コーヒーを飲みながら、メールを見る。メールを送る。
テレビの電源を入れる。テレビの音声を聞きながら、ときおりテレビ画面に視線をやりながら、パソコンを操作する。
壁にかけられたカレンダーを見る。今月はいくら稼ぎたいだろうかを考え、今のペースだといくら稼げるかを予想し、仕事の量を調整する。ただし、収入を増やそうとしても実働作業自体はそれほど増えません。
30分程度のパソコン作業を終えたら、ノートパソコンの電源を切る。

夕方頃まで好きに時間を過ごす。散歩に行ったり、図書館に行ったり、スポーツジムに行ったり、スタバに行ったり。

あたりが暗くなってきた頃、自宅に帰ってくる。

夕食はテレビを見ながら。

食後はソフトドリンクやおかしを食べながら、バラエティ番組を見て笑う。

バラエティ番組が終わり、ニュース番組が始まりだすころに晩酌を始める。

ニュース番組が終わると、明日は何をしようかなんて考えながらふかふかのベッドに寝そべり、スマホやipadをいじる。
その内、眠気を感じるようになり、電気を消してぐっすりと就寝する。


・・・・・。


豪遊ができるようにはなりませんが、本当に自由気ままでストレスフリーな毎日をおくれるようになります。自由な時間が手に入りますから、時間をどのように使うかはあなた次第です。アクティブな毎日を送ってみてもいいと思います。

既婚者やお子さんがいらっしゃる方なんかは、空いた時間を他の仕事やビジネスに振り当てれば、収入に対する不安はもっと取り除かれるはずです。
ちなみに、サラリーマンと兼業して行うことも可能です。会社にばれたり迷惑をかけることもありません。



「隙間割り込みビジネス」は、100名限定でしか情報を公開できません。
その理由は、私の商材を購入して実践する方の利益を守るためです。無制限に販売をすれば、先に購入し実践している人にとっては次々とライバルが新規参入してくることになりますので。

それから、3名販売ごとに値上げも行います。
これは、いちはやく行動を起こした人に先行者利益をつくってあげたいという理由からです。
人間は、本当においしい情報は独占したいという心理が働きます。ですから、私野田を信用して頂き、身銭をきってこの情報を手にしてくれた方の「独占欲」に多少なり報いたいという想いがあります。

ただし、この商材を手にして実践する人はきちんと稼げるという点はご安心下さい。

繰り返しになりますが、限られた枠ですので「余裕がある」方はご購入をご遠慮下さい。
いち早く結果を出す必要性のある人に、席を譲って上げて下さい。


世の中で劇的に流行った商品・サービス、世の中で劇的に広まったビジネス・お金儲け、これらは後から真似してはじめてもなかなかおこぼれにあずかることはできません。

あなたは、今から10年前にタイムスリップするとしたら、簡単にお金儲けができると思いませんか?

よく、成功した人を指差してこう言う人っていますよね。

「それは自分も気付いていた!」
「先にやられた!」

おいしい儲け話ほど、「やったもん勝ち」で「早いもん勝ち」です。
「おいしい」というのは、苦労がいらないだとか、時間がかからない、お金がかからないだとかそういったことですので、世のほとんどの人にとっておいしいものはとにかく「早いもん勝ち」「やったもん勝ち」です。

「気付いたもん勝ち」
「知ったもん勝ち」
と言うこともできます。

考えてみれば当たり前のことです。



私は、昔情報商材を買いあさっていた時代に、気になる商材を見つけたらそれの口コミを探すということをよくやっていました。

口コミを探せば、まぁ当然導かれるようにアフィリエイターのサイトに到着してしまうわけですね。
いくつかの評判情報にあたり、よくよく吟味して行動を移す。その結果、ほとんどが失敗するわけです。

何か気になる情報を見つけたら、それの口コミや評判を探すというのは当然の行動だと思います。

あなたも今、この商材の評判や口コミについて探そうという気になっているかもしれません。
しかし残念ながら、それは不可能です。
この情報は、20名限定で販売されています。ごく限られた一部の人しか知り得ない情報なので、口コミや評判がまわるということはほとんど無いでしょう。それは、たとえ良い評判だったとしても、たとえ悪い評判だったとしてもです。
おまけに、良い情報であればあるほど、この情報を知り得る者は「独占したい」という欲がはたらきますので、結果として評判・口コミはなかなか出回らないことになります。

良い情報であるのにも関わらず、購入者が他人にすすめている商材というのは、アフィリエイト報酬が高いだけです。

巷のアフィリエイターの中には、買ってもいない商材のなかみを勝手に断言して批評する人が多くいます。また、ある商材を買わせたいがために、「引き立て役」として適当な商材をボロクソたたいたりする人がいます。それから、他人になりすまして複数のサイトやブログを運営し、意図的な風説を演出しているアフィリエイターも多くいます。

手法はどうであれ、評判や口コミ情報の発信者の目的は誘導して利益を獲得することです。ですから、「他人の言うことを鵜呑みにして自分で考えない人」は必ず搾取されてしまいます。

ですから、あなたが今後どんなネットビジネスを取り組むにしろ、「自分で考えるくせ」をつけるようにして下さい。

今、あなたの目の前に提示されているこの情報という名のチャンス。
これを手にするのもしないのも、あなたの考え・判断次第です。

あなたが今後、どんな有料情報を手にする際にも、口コミや評判ばかりを追い求めて自分で考えて判断しないのであれば騙されてしまいます。
これは、「最適な意思決定をするために行う情報収集活動が結果として最悪な意思決定を招いてしまう」という一種のネットビジネス界のジレンマです。

自ら考え、自ら行動して下さい。
私は、それができるようになってから道をひらけるようになりました。



なぜ情報を公開するのかについてお話します。

まず真っ先にくる理由としては、すぐに結果を出す必要性に駆られている人を救済したいからです。

私は、長年サラリーマン生活をし、ごく普通の社会人として生きてきた年数が長いです。その間に結婚もし、子どもも生まれました。
40歳のとき、会社を退職する際には周りから猛反対されました。
やはり、大勢の人から「やめとけ」「うまくいかない」「危険だ」等々言われるのは精神的に辛いものです。

退職してネットビジネスの世界に足を踏み入れた当初は、高額塾や高額教材、コンサル風情の三流ネット起業家たちに振り回されていました。結果が出なかった時期は、金銭的にも精神的にもかなり辛かったものです。養わなければならない妻子もいるため、本当に精神的に追い込まれた時期がありました。

そういった経験がありますので、「すぐに結果を出す必要性に駆られている人」の気持ちが痛いほどわかるのです。

「お金のことで不安や恐怖がいっぱいのとき」というのは、人は本当に頭がうまくまわりません。これは、経験の無い人には想像がつかないでしょう。
精神的に追い込まれているときというのは、人は冷静な判断や合理的な思考ができません。クリエイティビティなんて尚更発揮できません。

心臓を「冷たい手」でギュッと握られているかのような感覚、腹の奥がキリキリと痛むような感覚。
夜もまともに眠れません。

幸い、私の場合はそのような状態は長く続きませんでした。

もしかするとあなたは、多大なストレスと不安と恐怖に向き合いながら、今やっているネットビジネスの可能性に懸けて、毎日ひたすら作業をしてきたのかもしれませんね。
結果が出ない時期が長ければ長いほど、苦しみは倍々で大きくなります。ですから、あなたの苦しみ、不安、恐怖というのは私の想像を超えているのかもしれません。

私は、そんなあなたを純粋に「救いたい」と思います。
これが、私が情報を公開する第一の理由。

第二の理由は、人数限定で公開をするため、私の懐は痛まないという点です。
私は、現在複数のネットビジネスを同時並行で展開しておりますので、その内の一つである「隙間割り込みビジネス」の新規参入者が20名ほど増えたところで、私の収入に大した変化は及ばないと見込んでおります。ただし、少なからずなんらかの影響はあると思います。

私は、この商材の他にも多数の商材を販売しております。情報販売は、私が行っている複数のビジネスの内の一つです。今回、この商材を購入してくれた方が、私の他の商材も購入してくれることをひそかに期待しております。「隙間割り込みビジネス」を情報商材として公開する私の金銭的メリットはそこにあります。もし、あなたがこの商材と私野田を気に入ってくれれば、長期的に見れば私の利益は増えると思うのです。

このページの中で、「巷でお金儲け情報が公開される理由」については既にお話したと思います。
お金儲け情報が公開されるのには何らかの理由があり、情報公開のメリットが大きいから公開されるのであって、それは「公開される情報に継続的な収益を生む力が無い」ことを意味するといったようなことをお話しました。
それにも関わらず、私のやっていることは矛盾していると思われる方もいらっしゃることでしょう。
これについては私なりの考えがあります。私は、齢50をこえており、お世辞にも若いとはいえない年齢です。
ネットビジネス界には多くの若者がいますが、若者とおじさんでは「お金に対する考え方」が大きく異なります。私は、自分の今の年齢とこれから先のことを考え、あまりリスクの大きい賭けに出ることはできません。

そのため、私にとって今一番すべきことは「リスク回避」なのです。
今回、この商材を公開することで、私には新たな収入源ができることになります。リスク回避を実行するためには、いろいろな収入源の形を持つことが大事です。
それから、価値ある情報を公開すれば、例え自分が短期的に損をしたとしても、私の情報を手に取って稼ぐことができた人は私の商材と私の名前を必ずや覚えてくれるでしょう。
そういった人たちが、またどこかで私のお客さんになってくれれば、長期的に見れば私の利益は増えるのである意味リスクヘッジになるわけです。この理屈が現実のものとなるためには、私の情報で稼げるようになった人が、「感動」してくれなければなりません。
私が、「余裕が無い人」を限定対象として情報販売している理由は、実はここにもあるのです。
余裕のある人が、この情報を手に取って稼ぎが増えたとしても、「感動」を覚えることは無いでしょう。そうなると、私の商材と私の名前は覚えてもらえず、ただ私は損したことになってしまいます・・・。

この商材の販売から上がる利益も私のメリットではあるのですが、この商材の価格設定ははっきりいって「安い」です。ですので、この商材を販売することによって得られる利益等々は気にしていません。

価格設定は、こちらの都合はまる無視で、あなたの利益を考えて設定しております。
というのは、この商材の価格というのは、これから購入する人にとっては超えなければならない壁です。しかし、この壁を1度超えてしまうと、今度はこの壁が自分の背後を守る壁になります。
つまり、価格が高ければ高い程、購入して実践している者にとっては自分の利益が守られやすいのです。しかしながら、あまりに価格が高いと、そもそも手が届かず自分が購入できないということになり、それではまったく意味がなくなってしまいます。

こういったことを考えて、この商材の価格は設定されています。

最初は98000円で設定していましたが、今は49800円で販売させて頂いております。
おそらく、49800円というのは、多くの人にとって「手は届くけれどもかなり購入を迷う金額」だと思います。

多くの人が購入するかどうかかなり迷うであろう金額。
実際、あなたも今迷っていると思うのです。
ただ、それが一番良い金額である理由は既に述べた通りです。
壁を超えるかどうかはあなた次第です。

3名販売ごとに値上げをしていきますので、早く行動を起こせば起こすほど、低い価格で情報を手に入れることができます。
参入障壁はどんどん高くなっていきますので、購入後は「段階的値上げ」があなたの背後を守ってくれます。



世の中には多くの情報商材があります。

今回ここで販売させて頂いている情報は、「知ればすぐに稼げてしまう」タイプのものです。ですから、あなたがこの情報をもし他人にもらせば、その人はすぐ稼げるようになってしまうでしょう。そしてあなたのライバルとなることでしょう。そして私のライバルにもなります。

特典とは、

【特典1】.100,000円稼げるようになるまで完全サポート

       商品購入後半年間はメールでのサポートは無制限

【特典2】.ビジネスに必用なエクセルファイル一式(購入者様アドレスにメールでご案内いたします。)
       エクセル2003以上で動作可能

【特典3】.企業との対応方法を伝授

 

 

 

 

 

スキマビジネス完全サポート

(先着100名様限定)

PDF版

定価:¥98,000特別価格:¥49,800

お申し込みはこちらから

 

クレジット決済

 

ダウンロード版 解説書41ページ + ビジネスキット一式
→ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから
   商品をダウンロードしてください。

3個販売後5000円の値上げをいたします。

 

Q.

初心者でもできますか

A.

初心者でも、商材で書かれている通りにやれば、継続して収入が見込めます。

Q.

毎日の作業はどのくらいやらないといけませんか

A.

毎日の作業は決まっていません。大きく稼ぎたければ毎日20分ぐらいは作業を

してください。ただ、毎日の作業としては、それ以上はあまりすることはありません。

Q.

やりはじめてどのくらいで収入が発生しますか

A.

はっきりいいます。初期作用をスムーズに初日で行なえば、その日から収入は得る事も可能です。

Q.

商材代金以外にお金を支払う必要はありませんか

A.

商材代金以外1円もお金を支払う必要はありません。月会費などは必要ありませんし、別途何かに登録するときにお金が発生することもありません。

月に安定した収入した収入を得続けるための仕組み作りを私が代行した場合は、別途、完全代行費用をいただきます。

あくまでも任意での申込者となります。

Q.

サポートはしてもらえますか

A.

メールサポートは受け付けています。答えられる質問はすべてお答えいたします。

電話サポートも行なっています。

 


価値があるとわかっている情報を目の前にしても、
千載一遇のチャンスが目の前に転がってきていると分かっていても、
人はなかなか行動に踏み切れないものです。

そこで、今回、この商材には全額返金保証をお付けすることにしました。

全額返金保証
もし、この商材を購入して半年間実践しても10万円以上の収入を得られない場合には購入代金を全額返金致します。

私は、この商材を購入した人の中から返金保証請求者が出ることは無いと自信を持って言えます。
ですから、この返金保証制度は実質的に意味を持たないものだと思います。

しかしながら、あなたの決心を支えるためこの返金保証制度をご用意しました。

もし万が一、あなたがこの商材の情報で稼げないということがあれば、遠慮無く返金を申し出て下さい。
遠慮は、本当にいらないです。稼げなければ、必ず返金請求をして頂ければと思います。



あなたが、既存のネットビジネスに手を出しているのであれば間違いなく戦わなければなりません。
そして、自分では無意識だったとしても常に戦っていることになります。

たたかいは、消耗・疲弊を生むだけです。
その結果得られる利益はどれだけあるのでしょうか?投資対効果、費用対効果の観点で「たたかい」は本当に良策なのでしょうか?

人類最高の戦略書・兵法書と呼ばれる「孫子」では、たたかいは愚策であるということがはっきりと明言されています。

「戦争の世紀」と呼ばれた20世紀には、世界的な大戦が2度も起こりました。
21世紀でも世界各地で紛争は起こっていますが、20世紀の大戦のような大きな争いは幸い起こっていません。

少なからず、人類は学んだのでしょう。
「たたかいは、極力避けるべき」であると。

世界の中で、圧倒的な軍事力を持つ国としてアメリカが知られています。
核兵器のようなものは無しで、アメリカVSそれ以外の国全てが戦争したとしても、アメリカが勝つと言われているほどアメリカの軍事力は圧倒的です。世界の軍事費ランキングでも、1位のアメリカと2位の中国の間には2、3倍以上の開きがあります。
そんな圧倒的な強さを持つアメリカも、ベトナム戦争以後は一貫して「軍事力の行使は最小限にとどめるべき」という姿勢を貫いています。

たたかいは、勝者も敗者も大きなダメージを受けるからです。
例え、勝者側が圧倒的な強さを持っているとしても、です。

あなたがネットビジネスを行う上で、競争に勝ち抜き上位数%に食いこもうというような考えをもっているのであれば、今すぐにそれをやめることをおススメします。
なぜなら、もっとも成功しづらい考え方であり、仮に成功したとしても多大なる犠牲を払うことにはかわりないからです。

これは、私がこのページで一貫して
最もお伝えしたかったメッセージです。



あなたのやっているビジネス。
それは、はっきりいって誰の役にも立っていません。
競争に負けているというのはそういうことです。

難しく考えすぎないで下さい。
あなたのビジネスは、誰にも必要とされていないのです。だから稼げるわけなんてないのです。

必要とされているビジネスに取り組めば、お金は嫌でも転がり込んできます。
楽して稼いでもいいんです。労働せずにゲーム感覚で稼いでもいいんです。

楽しく、稼ぎましょう。
お金に振り回されない人生を送りましょう。



追伸@本物の成功者たちから学べる成功の秘訣を忘れないで下さい。競争を避け、人まねをせず、自分が勝てるフィールドで、自分以外の“他”の力を利用する。
また、成功者たちの成功の秘訣を具体的なビジネスモデルとして実行に移すためには、中抜き(割り込み)という概念が有効的です。
成功をおさめ長く生き残っているIT企業やIT起業家はみんな、「中抜き(割り込み)思考」を持っています。

あなたが今稼げていない理由、今後もそのままだと稼げない理由は、巷のアフィリエイターやインフォプレナーに洗脳・教育されてしまった結果、既存の有名ネットビジネスの競争の厳しさを甘く見積もってしまい、勝ち目の無いたたかいをズルズルと続けてしまっているからです。そしてそれに自分で気付いていないからです。

以上のことはとても大事なことです。
何度言っても言い足りないことですので覚えておいて下さい。

また、このページでは、私が月収100万円を実現した具体的な中抜きビジネスの全貌を、情報販売という形で20名限定で公開しています。

当ページで無料公開した貴重な情報をもとに、自らビジネスを組み立てていける方や、時間・精神・金銭面で余裕のある方は、当商材のご購入は申し訳ありませんがお控え下さい。

すぐに結果を出す必要のある人に、席を譲ってあげて下さい。


追伸A:購入者には特典としてメールサポートを受け付けています。
また、答えられる質問はすべてお答え致しますのでお気軽にどうぞ。
一緒に頑張りましょう!あなたの未来は変えられます。しかも直近の未来が変わります。

 

                      作成者 野田 勇次

アフィリエイトノウハウ
SEO

初心者でも無料で
簡単にできる、検索エンジン
上位表示SEO対策

姓:

名:

メールアドレス:


※ご記入いただいたメールアドレスは、メールマガジン「情報商材アフィリエイトで毎月99万円」に発行者によって、約1ヶ月以内に代理登録になりますが、ご不要の場合には、http://www.info-garage.info/downroad.htmlより、配信を解除する事が可能です。なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メルマガには登録されません。
[ 閉じる ]